阪神競馬場 1600メートル アーリントンカップ

画像


✳ 過去の傾向解説

過去10年の人気別成績は、1番人気が[4・1・0・5]昨年のタワーオブロンドンら最多の4勝をあげ、連対率・複勝率50%。
以下、4番人気が2勝、2・5・6・9番人気馬が1勝ずつをあげています。

3連単で1万円以内の固めの配当は近2年を含めて4回
対して、3連単10万円以上も4回と順当か波乱か、両極端の結果となっています。

✳ 4~8枠で大半の9勝

枠番成績は、6枠 [3・2・0・13]・8枠 [3・1・2・14]でともに最多タイの3勝ずつをあげています。

なお、2枠 [0・2・3・7]で複勝率41,7%
3枠 [0・2・2・8]で同33,3%と勝ち星こそないが、複勝率が高い。

✳ 前走1600メートル戦の馬が好成績

前走距離別成績は、前走1600メートル戦の馬が[6・8・4・39]
昨年のタワーオブロンドンら過半数の6勝をあげ、連対率24,6%・複勝率31,6%と優秀です。

昨年は1・2着馬が該当し、11年を除いて毎年1頭は3着以内に入っています。

なお、距離延長馬は連対率12,2%・複勝率17,1%
距離短縮馬は連対率3,6%・複勝率17,9%
画像


■ 阪神11R アーリントンカップ

波乱度数 26,6% 中波乱

馬連
3・12→14・5・10・12・17

ワイド
3→2・5・7・9・10・17・18



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック